横浜銀行カードローンの審査<口座を持っていれば即日融資ができるのか?>

横浜銀行カードローンの概要

横浜銀行カードローンについて簡単に詳細をまとめてみました。これから利用しようと思っている方は特徴を比較してみましょう。

 

金利

3.5%〜14.6%と銀行のカードローンとしては高くも無ければ低くもないといった感じでしょう。しかし、最低金利が3.5%なのは利用しやすいといえるため、利用金額が大きくなりやすい方はメリットがあるといえます。ちなみに3.5%の金利で利用するには700万円〜800万円の利用限度額が必要です。

借り入れ限度額

10万円から800万円までの利用限度額が可能です。収入証明書の提出が不要なのは300万円までと他社と比べても高めでしょう。銀行のカードローンは総量規制の対象外となるため高額融資に向いています。

利用対象者

20歳〜69歳の方で安定した収入がある方、または配偶者となっています。パートやアルバイトでもOKで、安定した収入がある夫を持つ専業主婦でも利用できます。年金収入がある方も対象となっているため幅広い方が利用しやすい銀行といえます。

デメリット

利便性が良い銀行カードローンではあるのですが、利用できる地域が限られています。神奈川、群馬、東京にお住まいの人しか使用できません。地元の方を対象としたローンなわけです。また、口座引き落としの指定は横浜銀行の口座限定です。それ以外は現金にてATMを使い返済することとなります。

 

最短即日とは何日のこと?

横浜銀行カードローンには「最短申し込み」とありますが、いったいそれは何日のことを言っているのかは申込者にとって重要だと思います。
最短は何日かかるのかまとめました。

申し込みはネットなら24時間365日

申し込み自体はネットですれば24時間365日可能です。来店不要で融資が受け取れるのは便利でしょう。ただし審査の受付は銀行の営業日でなければ対応することはできません。土日祝日や夜間などは翌日の審査対応となることがあるため注意しましょう。

審査は原則当日中

審査結果が報告されるのは原則当日中とあります。銀行の営業時間内に申し込みをすればその日の内に審査結果が聞けることになります。

当日振込みがOK

審査に通り返済用普通預金口座に振込みすると、当日中に融資を受け取ることができます。つまり横浜銀行に口座を持っていなければ即日融資となりません。

契約自体は当日FAXで可能

契約自体は郵送でやり取りする必要は無く、FAXにて送信することができます。必要書類なども一緒に送れば契約は当日完了できる可能性があります。(融資は当日ではない)

普通口座の開設はネットでも可能

普通口座の開設はネットでもできますが、申し込み書の請求後に書類が郵送で届くため時間がかかります。書類が届くのに1週間前後、返送してカードや通帳が届くまで3週間〜4週間かかるため即日は無理です。

 

カードローンを詳しく知る 

 

仮審査に対応するため即日審査回答

ネットからの横浜銀行カードローンの申し込みは仮審査となります。その後本審査となるため、いち早く審査結果を知りたい方に便利な融資です。

1.ネットから申し込みで即日審査

ネットからの申し込みで当日中に審査結果が聞けます。これはあくまでも仮審査のため早く結果を聞きたい方に便利です。この利用方法は申し込み時間によっては即日融資となるわけではないため注意しましょう。

2.申し込み内容の相違が無いように

申し込み内容に相違が見られると本審査へ進むことができません。仮審査の申し込みは記載内容に間違いが無いかチェックしましょう。比較的融資条件は緩い傾向があるため、ここで間違いをして本審査に進めないのは勿体ないことでしょう。

3.店舗備え付けの申し込み書でもOK

ネットで必要事項を入力し送信する方法が面倒だと感じるなら、店舗の申し込み書に記載しFAXでも申し込みが可能です。審査結果は営業時間内なら当日中、それ以外は翌営業日になることを覚えておきましょう。

4.銀行口座が無ければカード受け取り後から

横浜銀行の口座を持っていない方は、当日融資を受け取ることはできません。カードが自宅に到着次第の使用となります。また、仮審査に通った場合は横浜銀行の口座を開設する必要があります。

横浜銀行の他のローンに注意

横浜銀行カードローンに申し込む方は、既に使用しているローンが無いか注意しましょう。横浜銀行では幾つかのローンを提供しているため、現在利用中の方は必要書類が別途必要なことがあります。

合計300万円まで所得証明書が不要

注意したいのが全てのローンの限度額が300万円を超えると所得証明書の提出が必要となることです。カードローンのみの計算方法ではないため、普通口座で利用できるキャッシュカードにローン機能が無いかチェックしましょう。

バンクカードローンの使用が無いかチェック

既に横浜銀行に口座をお持ちの方は、横浜バンクカードを所有していることがあります。これはキャッシュカードにクレジット機能・ローンカード機能・デビットカード機能を兼ね備えたものです。口座開設時に発行するか選べるのですが、普段使っていない方でもこの機能が付いたキャッシュカードである可能性も出てくるでしょう。

横浜銀行教育ローンはのぞく

他のローンの契約があれば所得証明書の提出が必要ですが、教育カードローンについては対象外となります。学生向けの教育ローンを利用中の方は利用限度額は含めなくても大丈夫です。そのほか住宅ローンなども提供していますが、ご利用中の方は専用のローンがありますので店舗にてご相談することをおすすめします。

はまぎんマイポイントの利用で更にお得に

横浜銀行カードローンを利用する方は、普通口座やネット口座などを兼用したほうがお得となります。はまぎんポイントサービスがあるのですが利用者には更に手数料のサービスなどお得な点もあるからです。

入会金や年会費は無料

はまぎんマイポイントのご利用は全て無料です。利用を開始するには別途申し込みが必要となります。銀行窓口またはネットで申し込みましょう。

はまぎんマイポイントの入会方法

普通口座の通帳とキャッシュカードが必要です。

ポイント制度

1年間のお取引内容によりポイントがたまります。年間200ポイント溜まるとキャッシュバックの対象となります。1年ごとの更新で翌年に繰り越すことはできないため、1年間の使用料が多いほどお得になるシステムです。ポイントはネットバンキングのログインや給与受け取りなど様々な内容があります。メインバンクとして利用したほうがポイントたまりやすいでしょう。

融資50万円以上でお得度アップ

ATM手数料が無料、深夜手数料が半額、振り込み手数料が半額で利用できます。

 

使えば使うほどお得となるシステムのため、カードローンを利用する方は普通口座もメインバンクとして使うと良いでしょう。振り込み料金が半額となれば、3万円以下の振込みは216円で利用できることになります。

カードローンは他にもある

カードローンと聞いて何を想像しますか?横浜銀行に口座を持っているなら、横浜銀行のカードローンを使うことがおすすめですが、そうでない場合、または、のっぴきならない理由で、銀行からkリ入れが出来なかった場合、一番、頼りになるのが、いわゆる消費者金融のカードローンです。安全に借りるなら必ず大手がおすすめです。消費者金融とカードローンの審査基準については、下記サイトをご覧ください。
>>http://xn--know-ul4cygsjubwec4991jpj4a.biz/